takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

【セブ旅行記 ep.9】AirAsis Philippines Z2782(セブ/マクタン・セブ CEB→マニラ/ニノイ・アキノ MNL)搭乗記【2019.6.16】

4日目。帰国するのはこの翌日だがマニラとセブの国内線区間はLCCだったので万が一の欠航に備えたのとせっかくフィリピンに来たので首都マニラも見ておきたいとの思いから一日早めにマニラへ戻った。

www.takac-photo.com

マクタン・セブ国際空港(CEB)

前回の記事で『海外旅行では珍しくないあるトラブルに遭遇する』と前振りしていたのは、この画像を見てもらうとおわかりになるかと思うが…ホテルに毎日補充されていたミネラルウォーターの成分表示。

Total Dissolved Solids(TDS)280mg/Lとあって(一般的な硬度とは少し異なる)一口飲んだ時から硬水としての違和感があったので、前日までは市内観光中に軟水を買ってホテルの水はスーツケースに避けていた。

しかし、ホテル漬けかつ海水浴へ出ていて前日は市内観光で購入した水のストックは切れていて避けていたこの水を飲み始めた。

案の定、深夜2−3時頃からお腹を下し始め、結局朝まで1時間おきにトイレとベッドを行き来していた。翌朝は朝食を食べる気力はなく、1度目のトイレの後に飲んだ下痢止めも効いていなかったので強い薬を求めホテルの医務室へ。

診療は英語のみだったので確実に症状を伝える為にGoogle翻訳アプリで「昨晩からお腹を下していて日本から持ってきた薬も効いていない。今日の昼にフライトがあるので強い薬が欲しい」を翻訳したものを見せ、口頭で簡単な問診(お腹を下す以外に症状はないか?など)をされた後に2回分の薬を出してもらい費用は診察料+薬代で1000円強だった(一応部屋に戻ってから薬の名前をググって下痢止めであることを確認した)。

ホテルをチェックアウトしてロビーを出た所で偶然送迎で到着したタクシーがいたのでそのまま乗り込み空港へ。空港に着いてすぐチェックインと機内への預け荷物の手配をして出発ロビーへ。

ニノイ・アキノ国際空港 第4ターミナルと違ってきれいな空港だけど歩き回る余裕はなくトイレが近い椅子に座って搭乗を待つ。 

朝の便なので遅れることなく定刻で搭乗開始。そして、ボーディングブリッジもある。

エアアジア・フィリピン Z2782 CEB→MNL

この日の機体は窓がクリアだった。

テイクオフ。

ほぼ1時間のフライトで窓側席を取っていて、通路側には他の乗客がいて頻繁にはトイレに行けない状態に。

NAIA Terminal 4(ニノイ・アキノ国際空港 第4ターミナル)

1時間のフライトをなんとか1回で耐えニノイ・アキノ国際空港に到着。

搭乗はボーディングブリッジだったので機体撮影はここが初でネスカフェのPUREGOLD特別塗装機だった。

向かいにはエアアジアの通常塗装機。

空港の正面にはひっきりなしに流しのタクシーが来ていたが、マニラのタクシーはトラブルが非常に多いとの情報があったので、東南アジアで主流となっている配車アプリのグラブ(Grab)を利用した。

時間帯によってはなかなかつかまらいとの情報もあったが、すぐに応答があってこっちに向かって来た。しかし、空港周辺は渋滞が激しいことから到着は予定時間(8分)の倍近くかかっていた。

f:id:nekosogiradical:20190808223834j:plain

Instagram

https://www.instagram.com/p/BywhqYujL1E/

帰国は明日だけどLCC利用なので一日早くマニラに戻ってきた。今日は午前の便だったので遅れる心配はなく定刻より早く到着。 #airasia #airasiaphilippines #エアアジア

ホテル・ジェン・マニラ(Hotel Jen Manila)

この日宿泊したのはHotel Jen Manila by Shangri-La と言って、シャングリ・ラのミッドレンジホテルチェーン。

ダブルベッドの安い部屋だが十分広い。

水回りも広くてきれい。

当初の予定では着いてからマニラの市内観光へと出掛けるつもりだったが、この時点ではだいぶ落ち着いてきてはいたもののお腹に爆弾を抱えての外出は危険と判断したのと、昨晩はよく寝れていなかったのでシャワーを浴びてベッドで仮眠を取るつもりが起きたら夕方になっていた…

ホテルの横にセブンイレブンがあったので買い出しに向かい、肉まん的なものとあとはヨーグルトを購入して食べてこの日は終了。

最後に

海外旅行で水あたりを経験したのはこれが2度目。

1度目は6年前のタイ旅行で同じ様に最終日の深夜からお腹を下し始め、翌朝が早朝のフライトだったので空港に着いてからもひっきりなしにトイレに行っていた。

不幸中の幸いだったのが、この時の航空会社がJALだったので搭乗してすぐにCAさんに「水あたりしたんだと思うんですが、薬ってありますか?」と聞いたら「少々お待ち下さい」と言われて、すぐに持ってきてくれてフライト中は助かった覚えがある。

それ以降は海外旅行に下痢止めは常備薬となった。

さて、この日は結局セブからマニラへの移動のみでマニラでの観光はできなかったが、この翌日は何とか頻繁にトイレに駆け込むことはなくなったので観光をしたがその話はまた次回。

www.takac-photo.com