takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMの望遠端400mmで浮島町公園から飛行機を撮る【2019.2.2】

f:id:nekosogiradical:20190323005352j:plain

昨年12月のPayPayキャッシュバック祭り第1段でiPad Proとその周辺機器、防湿庫などキャッシュバックの上限近くまで買っていた分の残高付与が1月下旬にされていた。

そのキャッシュバックを元手に「何を買おうか?」と考えてすぐ頭をよぎったのが100-400mmの望遠ズームレンズであった。

gonyo.hatenablog.com

飛行機撮影における70-300mmと100-400mm

これまで使ってきた望遠ズームレンズはCanon EF 70-300mm F4-5.6L IS USMだが、飛行機撮影をしていると「もう少し望遠側が欲しいなぁ…」と思うことが少なくなかった。

Canon 望遠ズームレンズ EF70-300mm F4-5.6L IS USM フルサイズ対応

Canon 望遠ズームレンズ EF70-300mm F4-5.6L IS USM フルサイズ対応

 

飛行機撮影においては空港展望台から撮影していると離着陸する機体を撮ることもあれば駐機スポットと滑走路の間をタキシングしている機体を撮ることもあって望遠側だけでなく広角側も必要となる。

※以下、作例はiPhoneで撮影したもの以外すべてセンサーサイズがAPS-CのCanon EOS 7D Mark IIなので35mm換算での焦点距離は1.6倍(400mmなら約600mm)

一例を挙げると羽田空港国際線ターミナル展望台からA滑走路34Lにタッチダウンする機体を望遠端300mmで撮影することもあれば、

9M9A1569.jpg

プッシュバックが始まれば(若干トリミングしているが)広角端の70mmにして撮影するなど刻々と移り変わる羽田空港ではレンズ交換をしているヒマはない。

9M9A1657.jpg

なので最近はもっぱら広角は割り切ってiPhone XS Maxで撮影することが多い。

IMG_1837.jpg

ダブルレンズの望遠側だと約50mmにもなるし写りも決して悪くない。

IMG_1851.jpg

飛行機の場合はiPhoneで撮れる画角ならスマホでも十分追える速度でしか動かないので広角はスマホやコンデジで補完できるし、飛行機撮影のプロの方も100-400mmを愛用される方が多いことからも望遠ズームレンズを70-300mmから100-400mmにしても問題ないと考えた。

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMを購入

100-400mmの望遠ズームレンズは何本か候補があってまずキヤノン純正のII型だが20万円超と高価であり重さは1.5kgを超えている(1570g)。

対するサードパーティのシグマとタムロンは重さが約1.1kgと純正よりスマホ1台分軽くて価格は約3分の1の7万円前後と圧倒的に安い(そして、どちらも写りは好評)。

憧れの白レンズでなくなることに多少の寂しさはあったが見た目よりもスペックや価格(コスパ)重視なのでシグマ or タムロンになるが、シグマならMC-11のマウントコンバータでSONY Eマウントが使えて一石二鳥なので SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 017(35mm換算で約150-600mm)を購入した。

www.sigma-global.com

購入先はもちろんPayPayが使えるビックカメラで価格交渉してポイント込みでネットの底値近くまで頑張っていただいた。

新しいレンズを購入した翌週、早速羽田空港から近い浮島町公園へと向かった。

この日は2月上旬で北風運用かと思いきや暖かくて(春一番?)南風運用で離陸をメインに撮れた。

そして、今回の作例ではせっかくの100-400mmなのですべて望遠端いっぱい400mmのみ+JPEG撮って出し縛りにした(他の焦点距離で撮ったものは別途記事にする)。

A滑走路16Rからの離陸

浮島町公園のもっとも近くを飛ぶA滑走路16Rからの離陸はトリミングなしでも400mmがあれば大きく切り取れる。

ANA B777-300

9M9A1979.jpg

浮島町公園に接近してくるとここまでアップになる。

9M9A1995.jpg

9M9A2011.jpg

JAL B777-200

9M9A2062.jpg

9M9A2072.jpg

9M9A2099.jpg

上海航空 A330-300

9M9A2274.jpg

9M9A2322.jpg

中国南方航空 A330-300

9M9A3036.jpg

JAL B767-300ER

9M9A1893.jpg

ANA B787-8 

9M9A1913.jpg

9M9A1923.jpg

ソラシドエア B737-800

9M9A1970.jpg

JAL(日本トランスオーシャン航空) B737-800 ジンベエジェット

9M9A2522.jpg

ウィルミントン・トラスト・カンパニー N700MK ビジネスジェット

9M9A2716.jpg

中国東方航空 A330-300

9M9A2776.jpg

ANA B777-200

9M9A2857.jpg

ANA A321-200(A321neo) 

9M9A3092.jpg

スターフライヤー A320-200

9M9A3175.jpg

ソラシドエア B737-800

9M9A3180.jpg

A滑走路34L周辺

残り少ない787塗装のされた機材。

ANA B787-8

9M9A1953.jpg

ANA B777-200 特別塗装機

9M9A2449.jpg

D滑走路23の着陸とタキシング

D滑走路への着陸は400mmでも厳しいものがあるがタキシングについてはまったく問題ない。

ANA B777

9M9A1861.jpg

JAL B777-200 

9M9A2268.jpg

ANA B777-200

9M9A2375.jpg

アメリカの3大航空会社も続々と着陸。

デルタ航空 B777-200ER

9M9A2432.jpg

アメリカン航空 B787-9

9M9A2832.jpg

ユナイテッド航空 B787-8

9M9A2969.jpg

デルタ航空 A330-300 

9M9A3009.jpg

エアドゥ B767-300 ベアドゥ特別塗装機

9M9A3187.jpg

C滑走路16Lからの離陸

浮島町公園からは死角になるC滑走路だが離陸すればほぼ真横を撮れるがこちらも400mmでは少し余り気味。

ルフトハンザドイツ航空 A350-900

9M9A1836.jpg

中国国際航空 A330-300

9M9A2665.jpg

JAL B777-200

9M9A2034.jpg

ANA B767-300

9M9A3063.jpg

ルフトハンザドイツ航空 B747-8

9M9A3264.jpg

B滑走路22への着陸

B滑走路への着陸も作例として載せるが400mmでは到底足りない。

JAL B777-200 エコジェットネイチャー 

9M9A1974.jpg

ベトナム航空 A350-900 スカイチーム塗装

9M9A2927.jpg

最後に

これまでのCanon EF70-300mm F4-5.6L IS USMと比べると明らかに撮影時における腕への負担が増えて(重くなって)ブレやすくもなったが、これでも100-400mmとしては軽い方であり「ライトバズーカとはこういうものだ」と納得して慣れていかなければならないのだろうな、と。

写りに関しては元々あまり拘りはなくてせいぜい機体番号が等倍で読めればOKくらいの基準なのでまったく気になっていない。

また、このレンズはx1.4のテレコンが使えるので35mm換算で400mm*1.6(APS-C)*1.4(テレコン)≒900mmになるが、EOS 7D Mark IIではセンター1点となるのでEOS 5D Mark IV(全点F8測距)との使い分けが必要となってくる上にAPS-Cのx1.6が無くなるので今のところ導入は微妙かな。

ちなみに、これまで使ってきたCanon EF70-300mm F4-5.6L IS USMは70-300mmと100-400mmと焦点距離が若干違うが用途は被っているし、特に問題を感じることもなさそうなので近いうちにドナドナしようと思う。

それではまた次回へと続く。