takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

【香港澳門旅行記 ep.8】統合型リゾートが集まるコタイ地区は豪華絢爛!マカオ市内散策【2019.1.6】

f:id:nekosogiradical:20190306000741j:plain

マカオは世界遺産がいくつも残る歴史的な街としての顔はこれまで紹介したが、東洋のラスベガスの異名も併せ持っていて自分も今回の旅に行くまではマカオ=カジノであった。

そんなわけでこの3日日の後半はカジノや劇場、ショップ、ホテルなどが一体となっている統合型リゾート(IR)のコタイ地区へ。

www.takac-photo.com

コタイ地区

マカオ半島から路線バスに乗ってコタイ地区に到着。

写真ではあまり凄さが伝わらないかもしれないが、どの建物も日本より一回り以上大きくて道幅も広く異国と言うよりテーマパークや異世界に来た気分。

DSC09806.jpg

IHG(インターコンチネンタルホテルグループ)のシティホテルとビジネスホテルの中間に位置するブランドのホリディ・インも景観を考えた作りになっている。

DSC09818.jpg

そのお隣はヒルトングループ最上位ブランドのコンラッド。足元にはマカオ歴史地区で見かけたような石畳み。

DSC09822.jpg

この一帯はカジノ運営大手のサンズが多い。

DSC09819.jpg

STUDIO CITY Macau(スタジオ・シティ・マカオ)

色んな建物に圧倒されながらも最初に入ったのがスタジオ・シティ・マカオ。

DSC09839.jpg

DSC09843.jpg

DSC09864.jpg

建物の中央が空洞になっていてその中には観覧車!

DSC09865.jpg

そして、カジノを素通りして飲食店街へ。

DSC09849.jpg

この日4つ目のエッグ・タルトをいただく。4つ食べて思ったことは価格は100〜150円の範囲で高いから美味しいとかはなくて、甘さや焼き加減の好みで別れる感じがした。

謎の地球外生命体。

DSC09852.jpg

実物大の動く恐竜もあって世界観がよくわからない。DSC09856.jpg

エントランスも独特の雰囲気。

DSC09860.jpg

The Parisian Macao(ザ・パリジャン・マカオ)

エッフェル塔が…ここはパリ…?

DSC09827.jpg

もちろん、パリではなくパリをテーマにした統合型リゾート。DSC09838.jpg

中もフランスっぽい。

DSC09877.jpg

DSC09879.jpg

ベルサイユ宮殿で見たやつだ…たぶん!

DSC09887.jpg

ショップが並ぶ。

DSC09891.jpg

ドーム型の天井もとても美しく芸術的。

DSC09894.jpg

Instagram

https://www.instagram.com/p/BsS-joaHAAm/

#東洋のラスベガス の日中版 #macau #macautravel #macautrip

最後に

マカオではパタカ(MOP$)という法定通貨があるが香港ドルも一般的に使えてエッグ・タルトを買うのも路線バスに乗るのも香港ドルが使えたしレートも1香港ドル=1パタカとわかりやすい。その為、わざわざマカオでパタカに両替しなくても香港ドルとクレジットカードがあれば問題なかった。

ただ、香港ドルで支払ってもお釣りはパタカで渡されることもあり、逆に香港ではパタカはほぼ使えないので香港ドルにしてもらうように言うのもあり。

そして、統合型リゾートの多いコタイ地区にApple Storeがあってそこそこ混雑していたのは少し意外だった。

DSC09812.jpg

次回、コタイ地区の夜の部イルミネーションへ続く。