takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

【目黒】ホテル雅叙園東京「和のあかり×百段階段 2018」を単焦点レンズSEL55F18Zで撮ってきた【2018.7.21】

f:id:nekosogiradical:20180731000642j:plain

前回は超広角ズームレンズで階段を上がる形で各部屋を回って撮ったが「どうせ下るなら別のレンズで撮った方が面白いのでは?」と、今回は前回と逆の順番で回る

 

www.takac-photo.com

 

百段階段は実は九十九段階段!?

DSC06916.jpg

「百段階段と呼ばれているが実は99九段しかない」というのは雑学好きの自分にはたまらないが理由は2つあるそう。

  1. 「奇数は陽数。縁起の良い数だから。」説
  2. 「美完の美学。完璧な数字より、発展性のある数字に。」説

DSC06910.jpg

どちらも「なるほど」と思う説だけど、個人的には2番目の方がなんとなく好きかな

百段階段を下りる

レンズをSEL1635ZからSEL55F18Zに交換する。このレンズは結構好きだけど久々に使う気がする

頂上の間

「明るいレンズを使う」ということに託つけて絞り開放のF1.8でボケ感

DSC06912.jpg

DSC06903.jpg

頂上の間から出たところ。非常口の人形が飛び出している

DSC06919.jpg

DSC06923.jpg

DSC06928.jpg

清方の間

DSC06931.jpg

清水の間

DSC06944.jpg

浅い被写体深度

DSC06938.jpg

DSC06942.jpg

SEL1635Zでは望遠端でも35mmだったが、このレンズだとその1.5倍超の55mmとなる

DSC06934.jpg

DSC06935.jpg

少し絞ってF4

DSC06947.jpg

星光の間

DSC06951.jpg

DSC06952.jpg

DSC06953.jpg

DSC06959.jpg

DSC06960.jpg

55mm/F1.8はブツ撮りにいいレンズ(あまり寄れないのが…だが)

DSC06961.jpg

ピントがシビア

DSC06964.jpg

DSC06966.jpg

DSC06971.jpg

マクロも必要だった?

DSC06969.jpg

DSC06975.jpg

草丘の間

イルミネーションのような被写体はボケさせるだけで腕が上がったように感じてしまう

DSC06979.jpg

DSC06982.jpg

DSC06987.jpg

この日は夕方に足立の花火があるからか着物女子がとても多かった

DSC06988.jpg

漁礁の間

(超広角ズームで撮ったので)全体を撮ることは諦めて被写体を切り取る

DSC06990.jpg

DSC06995.jpg

DSC06998.jpg

化粧室 

DSC07011.jpg

DSC07017.jpg

いい雰囲気

十畝の間

最初に部屋であり最後の部屋

DSC07000.jpg

DSC07004.jpg

DSC07006.jpg

F4ではAFのピントが合わなかったこけしにもピントが合った

DSC07008.jpg

出入り口

来た時もSEL1635Zで撮っていたけどSEL55F18Zの方がよく撮れていた

DSC07026.jpg

DSC07027.jpg

DSC07034.jpg

DSC07036.jpg

雅叙園館内

せっかく来たので館内も見て回る

DSC07044.jpg

DSC07046.jpg

DSC07050.jpg

DSC07052.jpg

最後に

帰り道。「目黒ってスタバの日本法人の本社があってその下は店舗になってるよね」って話になったのと同時に「新作出てたよね?」とのことから、混んでいて入れなければパスするつもりのほぼダメ元で向かったら予想通りいっぱいだったが偶然にも2人席が空いたので着席できた

DSC07058.jpg

ピーチピンクフルーツフラペチーノ。ごちそうさまでした