takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

【目黒】ホテル雅叙園東京「和のあかり×百段階段 2018」を超広角ズームレンズSEL1635Zで撮ってきた【2018.7.21】

f:id:nekosogiradical:20180730224941j:plain

ホテル雅叙園東京にある東京都指定有形文化財の「百段階段」で毎年この時期になると「わのあかり×百段階段」のイベントをやっていて、前回は2015年に訪れていて2度目の参加となる。ちなみに入場料は前売り券1,200円+発券手数料108円=1,308円とそこそこするけど撮れ高が多いので個人的にはコスパはなかなか良いかと

www.hotelgajoen-tokyo.com

タパス&タパス目黒店(昼食)

数年前に目黒界隈で仕事をしていた時に何度かランチで訪れていたタパス&タパス目黒店。桜のシーズンに訪れた時はいっぱいで入れなかったのでそのリベンジ 

お店は少し分かりづらくて三井住友信託銀行目黒支店の地下にある

五右衛門やスパ次郎などカジュアルパスタのお店に行くと9割近くはモッツアレラチーズと揚げナスのトマトパスタを注文する。そしてこの日も例外ではなく…

DSC06754.jpg

妻はオシャレなパエリア風パスタを注文していた

DSC06750.jpg

ごちそうさまでした

ホテル雅叙園東京

去年(2017年)の4月に施設名を「目黒雅叙園」から「ホテル雅叙園東京」に変更している(語呂がホテル椿山荘東京に似ている…)

DSC07056.jpg

チケットは当日券が1,500円だけど当日でもネットで買える前売り券(楽天チケット+セブンイレブン)なら手数料込でも200円弱安くなるのでネット購入がオススメ

DSC06759.jpg

百段階段を上る

百段階段の途中にある部屋ごとに様々な展示替されているだけではなく、階段や部屋の前にも展示があって階段ではこけしがすべての段で布団を敷いて寝ている

DSC06771.jpg

十畝の間

DSC06778.jpg

かまくらの中にはおとぎ話のキャラクターをモチーフにしたこけしがあるが、いかんせん暗くて絞り開放のF4でもISO20000まで上がるのに加えAFではピントが合わない

DSC06780.jpg

DSC06785.jpg

DSC06792.jpg

化粧室

十畝の間の向かいにある小部屋。影がすごい

DSC06796.jpg

漁礁の間

この企画のメインとも言えるねぶたをテーマにした展示。露出を合わせるのがなかなか難しかった

DSC06807.jpg

草丘の間

キラキラピカピカ

DSC06811.jpg

DSC06812.jpg

DSC06815.jpg

DSC06821.jpg

ZZzz..

DSC06825.jpg

DSC06827.jpg

清水の間

切り絵の世界

DSC06836.jpg

DSC06837.jpg

展示物についつい目が行きがちだけど百段階段の各部屋は展示物なしでもとても美しい 

DSC06846.jpg

星光の間

カメラにはとても難しい被写体が多かった(露出アンダー)

DSC06848.jpg

DSC06850.jpg

DSC06855.jpg

DSC06868.jpg

DSC06871.jpg

清方の間

大量のお面が吊るされている…少し怖い

DSC06879.jpg

DSC06883.jpg

ブラックライトを照らすと骸骨だけが光る

DSC06887.jpg

クスッとなるあるあるネタが盛りだくさん(店員さんが見てない隙に光の速さで値段を確認)

DSC06893.jpg

頂上の間

ゴール!

DSC06896.jpg

最後に

今回使ったレンズがSEL1635Zの超広角ズームレンズ

室内撮影のように引くに引けない場合が多々ある中で全体をおさめられるこのレンズはとても勝手がよかった。ただ、絞り開放F4通しと明るいレンズとは言えないことからISO感度が設定上限の25600近くまでなることが多々あったのと「もっと寄りたい!」と思うこともあって手持ちのFEレンズで一番明るい55mm/F1.8の単焦点レンズSEL55F18Zに交換したがそのボリュームは今回以上なのでまた次回。続く