takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

鉄道写真家・中井精也さんのゆる鉄画廊へ行ってきた【2018.6.30】

f:id:nekosogiradical:20180716143717j:plain

鉄道写真界隈ではが付くほど有名な鉄道写真家の中井精也さん

CP+やメーカー主催のセミナーだけでなく、BSプレミアムでご自身の番組「中井精也のてつたび!」を持ち数多いるカメラマンの中でも非常にマルチに活動されており、今年の5月にご自身の画廊をオープンされたとのことで訪れてみた

www4.nhk.or.jp

はじめてお会いした時からのファン

自分が中井精也さん(以下、中井大先生)を知ったのはソニαアンバサダー向けイベント『α7R II スペシャル体験会 ~著名プロカメラマンによるセミナー同時開催~』(2015/8/8開催)だった

f:id:nekosogiradical:20180716145540j:plain

この時は夕方の東京湾大華火祭までの時間つぶしと涼みを兼ねて寄ったが、偶然にも鉄道写真家として中井大先生が登壇されるタイミングで座るどころか立つ場所もほとんどない大人気セミナーで元々鉄道に興味があったのもあったので立ち見で参加した(偶然写真も撮っていた)

f:id:nekosogiradical:20180716145822j:plain

これまで鉄道写真と言えば、車体をメインに捉えて鉄道のカッコよさを表現するものばかりだと思っていた(以下、自分がこれまで持っていた典型的な鉄道写真のイメージ)

f:id:nekosogiradical:20170314214436j:plain

しかし、中井大先生の写真は鉄道を必ずしもメインにせず、その土地の空気感や旅情を含めて表現されるスタイルに「こういう写真の撮り方もあるんだ」と知ったと同時にファンになった。それからはCP+はもちろん、企画展などがあれば足を運んでいて直近では川崎市市民ミュージアムでの鉄道写真展へも足を運んでいた

f:id:nekosogiradical:20180716150913j:plain

JR品川駅

JR品川駅で横須賀線から上野東京ラインへの乗り換えを待っている時にあまりにも空が綺麗で

DSC06699.jpg

DSC06701.jpg

肉の大山 上野店

上野駅でメトロへ乗り換えとなるがここでお昼を食べることにした。上野駅周辺は食べるところには困らないくらい飲食店が多いが、以前伺った『肉の大山 上野店』さんは食肉卸の直営店でリーズナブルな価格でとても美味しかったので他のメニューも食べてみたいと思っていたお店

この日注文したのは豚ロースカツ。定食メニューにはドリンクバー付きとなるのも嬉しい

ごちそうさまでした

ゆる鉄画廊

閑話休題。ゆる鉄画廊の一番の最寄り駅は都電荒川線の三ノ輪橋駅になるが、関東南部からのアクセスだと東京メトロ三ノ輪駅になる

三ノ輪駅から大通り(4号線)を通ってファミリーマート三ノ輪店を左手に曲がり、ジョイフル三ノ輪(商店街)に入る

東京の下町感あふれる商店街

DSC06715.jpg

銭湯・大勝湯のお隣が中井大先生のゆる鉄画廊

DSC06714.jpg

ワンコもニャンコも入店可のよう

DSC06709.jpg

三ノ輪橋駅でのお祭りと都電荒川線を一つにしたとてもらしい一枚

DSC06711.jpg

こちらでの展示作品のほとんどが購入(持ち帰り)可

DSC06710.jpg

またギャラリー内は写真撮影可

DSC06704.jpg

セミナーなどで見たものもあればそうでないものもあり、今回は折角来たので1ついただいて帰るつもりだった

DSC06702.jpg

妻とも協議をした結果、こちらの只見線の作品に決定。この日は中井大先生が在廊していてこの写真について伺うと「1週間ほど前に撮ったばっかりでまだ雑誌やセミナーでも使っていないんです」とのこと

DSC06705.jpg

上を選んだことで泣く泣く諦めたのが夏感がとてもよく出ているこちらの作品だった

DSC06706.jpg

都電荒川線・三ノ輪橋駅〜早稲田駅

ゆる鉄画廊へお邪魔した後はノープランだったが、都電荒川線に乗ったことがなかったのと均一運賃なので始発の三ノ輪橋駅から終点の早稲田駅まで乗ってみることにした

DSC06718.jpg

DSC06720.jpg

DSC06724.jpg

駅のホームからゆる鉄画廊の案内パネルを発見

DSC06733.jpg

始発から終点まで乗るので一本見送って、確実に座れる二本目に乗った

DSC06728.jpg

今度は赤い車体

DSC06735.jpg

車内から

DSC06741.jpg

1時間の乗車で終点早稲田駅に到着

DSC06744.jpg

ここ数日は大変な猛暑となっているが、この日も負けないくらいに暑くて早稲田駅から新大久保駅まで歩いたがとても暑くて大変だった

DSC06746.jpg

最後に

年間を通して1万回以上シャッターを切っていても紙に印刷するのは海外旅行の後に作るフォトブックくらいで、ほとんどはGoogleフォトに現像後の写真をアップしそこでアルバムを作って見るだけ。10インチのタブレットで見るのもA4サイズの紙に印刷するのもサイズ的な差はほとんどないけど、印刷物の不可逆的な緊張感であったり、印刷することでまた違った味を楽しむのも乙かな、なんて。 

カメラは魔法の小箱です

カメラは魔法の小箱です