takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

【カンボジア旅行記】THE 世界遺産!アンコール・ワット。2日目第4章【2018.6.10】

f:id:nekosogiradical:20180627211708j:plain

2日目の午後3時頃から5時頃までの2時間を世界遺産アンコール遺跡を代表するアンコール・ワットに

www.takac-photo.com

 

アンコール・ワット

早朝に来た時とは雰囲気が一転、西側を向くアンコール・ワットはちょうどこの時間帯は順光になる

DSC06144.jpg

DSC06145.jpg

画面左側に位置する西参道は修復工事で通行止めになっていて、観光客はこの浮橋を渡って入場する

DSC06146.jpg

ヒンドゥー教での人気ツートップがシヴァ神とこのヴィシュヌ神らしい

DSC06152.jpg

デバター(女神)像

DSC06157.jpg

手前に目が行きがちだけど実は奥がレアで歯を見せて笑っている

f:id:nekosogiradical:20180627214352j:plain

午前中も撮ったような気もするが…

DSC06154.jpg

DSC06163.jpg

風が吹いているので朝のシンメトリーは撮れないが順光で遺跡がクッキリ

DSC06167.jpg

超広角ズームレンズ…かと思いきや、実はSEL24105Gの広角端24mm

DSC06169.jpg

アンコール・トムと同じようにアンコール・ワットも膨大なレリーフがある

DSC06173.jpg

DSC06179.jpg

石の柱にも手の込んだ模様が彫られている

DSC06187.jpg

DSC06197.jpg

DSC06193.jpg

DSC06195.jpg

DSC06227.jpg

多くの窓に格子が入っていて一つ一つがホントによく造られて(彫られて)いる

DSC06203.jpg

アンコール・ワット内部から

DSC06206.jpg

DSC06211.jpg

DSC06228.jpg

中心の塔(第三回廊)に上がって西門を撮る

DSC06217.jpg

アンコール遺跡には数多くの像があるがかなりの割合で首から上がなくなってしまっている(ほとんどは盗掘されて外国で売りさばかれたとか)

DSC06233.jpg

DSC06234.jpg

DSC06235.jpg

アンコール遺跡では修行僧の方も多く見かけたが、大体はスマホを持っておられた

DSC06251.jpg

アンコール・ワットの東門はほとんど人がおらず中で民族衣装を着ていた子たちがちょうど仕事を終えて帰るところ

DSC06246.jpg

アンコール・ワットは見る場所によって見え方が大きく変わるのも見所の一つで尖塔の数が場所によって1本から5本まで変化する

DSC06254.jpg

Instagram

https://www.instagram.com/p/Bj3q8_3nEF_/

2日目の午後から #アンコールワット 。旅行ではスタンプラリー的に写真が撮れれば基本的に満足なんだけど、遺跡はガイドを付けて案内してもらって正解だった #angkorwat #cambodia

最後に

後半は若干雲行きが怪しいがスコールに合わなかったのが幸い、これで2日目は終わり…ではなく、まだ日が暮れていない。

この後はサンセットが待っているが後半の写真を見ていると…第5章(最終章)へ続く。

www.takac-photo.com