takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

2017年最後の旅行に伊東・伊豆へ1泊2日で行ってきた。1日目伊豆編【2017.12.3】

f:id:nekosogiradical:20180124224540j:plain

2017年最後の旅行は時期的にも「ゆっくりと温泉にでも入りたいな」と思っていたら、偶然会社の福利厚生で提携しているホテルが安くなっていて、そこが伊東と首都圏からちょうどいい距離で即決だった。

伊東へは在来線でも行けるが特急の踊り子号やスーパービュー踊り子号に乗ることで在来線より30分ほど早く着くことができ、伊東や伊豆まで乗換なしの直通運転となる。
また、スーパービュー踊り子号は観光特急として窓が大きく、先頭は運転席と客席の間がガラス張りになっていて、とても見晴らしが良くなかなか予約ができない…はずが、偶然にも出発1週間前であったにも関わらず先頭の1号車1番が空いていて即決した。

乗車券を併せて買わず首都圏から伊東までの往復切符と伊東から伊豆急下田駅までの電車と一部区間のバスが2日間乗り放題となる『南伊豆フリー乗車券』があり「伊豆急下田駅まで行くなら絶対におトク!」とこのフリー乗車券を買った。

横浜駅からスーパービュー踊り子1号に乗車!

DSC02545.jpg

1号車1番ABは運転席の真後ろでグリーン料金が必要だが十分満足できる

DSC02555.jpg

しばらく走っていると右手に富士山

DSC02565.jpg

DSC02569.jpg

出発が日曜日ゆえか1号車1番C(通路を挟んで反対側)には人がいたけど終点の伊豆急下田駅まで他の乗客はいなかった。せっかくなので色んな席に座ってみたけど2列目と3列目だと段差になっているので1列目が取れなくても十分選択肢になる

DSC02581.jpg

1・2・10号車はダブルデッカーになっていて1号車1階はラウンジになっているけど席の見晴らしがよくてほとんど使うことなく…

DSC02595.jpg

ファミリー向けの個室もあった

DSC02601.jpg

実は上のグリーン券購入画面は横浜→伊東の区間で伊豆急下田までの特急券ではない(購入時点ではそこまで行くか悩んでいた)
しかし、スーパービュー踊り子号の乗り心地が良く「どうせなら終点まで行くか!」となり、車掌さんに伊豆急下田まで延長できるかを訪ねると「差額をいただければ伊東から乗る人はいないはずですし、一応司令塔(?)には席を押さえておくように頼んでおくので大丈夫ですよ」と快諾していただき終点伊豆急下田駅まで行くことに

DSC02600.jpg

伊豆急行線に入ってからは単線区間もあって反対方向の電車の待ち合わせがあったり、速度を抑えての運転になるも観光列車っぽくていい

DSC02610.jpg

車窓からの風景もよく退屈しない

DSC02617.jpg

終点の伊豆急下田駅へ到着

DSC02624.jpg

DSC02646.jpg

11時過ぎでちょうどお昼の時間。「伊豆まで来たからには海鮮だな」と電車の中で調べていた駅から徒歩10分くらいにある『ごろさや』さんへお邪魔した
開店時間より少し早く着いてベンチで待っていたら開店前にもかかわらず入店させていただけた。感謝

DSC02644.jpg

海鮮どんぶり1,700円也

DSC02639.jpg

妻は刺し身と金目煮定食2,200円也(撮影の仕方が手抜き…)

DSC02641.jpg

日本海側とは同じ時期でもラインナップはぜんぜん違うし、お値段もそこそこするけどボリューム満点で鮮度も抜群で大満足だった

DSC02637.jpg

腹ごしらえを済ませた後はフリー乗車券を使ってバスで石廊崎へ

DSC02648.jpg

バスを降りてから石廊崎の灯台と石室神社まで徒歩20分ほど

DSC02652.jpg

前半の上り坂が鬼門となるが、そこさえクリアしてしまえばあとはほぼ平坦

DSC02702.jpg

灯台が見えてくればもうすぐ

DSC02700.jpg

石廊崎灯台の奥で絶壁にある石室神社の鳥居と狛犬が結構手前にある

DSC02694.jpg

石廊崎灯台…だが、立ち入りはできず遠目に撮って終わり

DSC02688.jpg

石廊崎のメインはこの絶壁

DSC02682.jpg

上の画像の左下の岸壁の先端が下の画像

DSC02661.jpg

福井の東尋坊と同じ感じかな?と思っていたけどぜんぜん違った

DSC02665.jpg

DSC02663.jpg

DSC02668.jpg

DSC02660.jpg

DSC02656.jpg

石廊崎からバスで来た道を戻って伊豆急下田駅へ
ホテルに行くにはまだ早かったので駅前からロープウェイが出ている寝姿山へ

DSC02715.jpg

ロープウェイを降りたところから下田の町を

DSC02722.jpg

寝姿山の由来はその名の通り山のシルエットが女性が仰向けに寝ている形に似ているからとのこと

DSC02729.jpg

DSC02727.jpg

DSC02755.jpg

DSC02762.jpg

DSC02765.jpg

日も暮れ始めたところで伊豆急下田駅から在来線で伊東駅へ
伊東駅に着いて旅館へ直行せず前回伊東に来た時に教えてもらったわかばさんで手作りソフトクリームを食べに寄った

今回のお宿

期間限定で部屋風呂付きのお部屋がおトクだった

DSC02775.jpg

布団で寝るのがあまり好きではないので旅館でベッドだとかなり嬉しい

DSC02777.jpg

そして、待っていました。夕飯タイム
α7RIIの高画素は料理フォトには必要ないのでSEL35F28ZをAPS-Cモードにして画素数を抑え、焦点距離1.5倍の約50mmでF2.8と比較的明るく、レンズ自体もコンパクトで使い勝手がとても良い

DSC02781.jpg

DSC02783.jpg

DSC02787.jpg

DSC02802.jpg

DSC02789.jpg

DSC02796.jpg

DSC02806.jpg

DSC02810.jpg

ごちそうさまでした。

最後に(またもや)個人的に「よくわかってる!」と思う旅館は風呂上がりように瓶の牛乳が自販機で売られていることで、ここもその条件は満たしていたが、その横でミルクプリンまで売っていたので思わず購入した

DSC02815.jpg