読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

MacBook Proを有線でインターネット接続するためのイーサネットアダプタを購入した

f:id:nekosogiradical:20170130215250j:plain

Mac miniからMacBook Proをメインに据えるためのデータ移行やセットアップをしていると、ついつい気になる【無線ルータが遅い問題】。

有線至上主義者としては『メインで使うパソコンは有線(LANケーブル)でつなぎたい』。

5年前の無線ルータでNASを使うのは厳しい

我が家の無線ルータはNECのAterm WR8750Nで2012年1月発売で5年超となっており無線LANの実行スループットは200Mbps弱。

外側(インターネット)は上限が200Mbpsなので気にならないが、内側(LAN)はギガビット(1Gbps)でNASとの連携(Time Machineでのバックアップ、カメラから取り込んだRAWデータの移動、RAW現像時の書き出し、ファイルサーバなど)で『低遅延と高い転送速度』が要求される中では無線ルータがボトルネックとなっている。

今日日の無線ルータのパッケージには実行スループットでギガビット超えしているものも珍しくなく、有線至上主義者としては少々複雑な気分であると同時に時代の流れを感じる。

NEC Aterm WG2600HP2

NEC Aterm WG2600HP2

 

 

MacBookシリーズにはLANポートがない

「どうせ家の中である程度決まった場所で使うのなら有線でいいや」と言いたいところだが、MacBookシリーズにはLANポートがなく有線で接続するには別途購入しなければならない。

Apple純正かサードパーティか

Appleからは2種類のイーサネットアダプタ(有線LANアダプタ)が発売されている。 

Apple USB Ethernet アダプタ MC704ZM/A

Apple USB Ethernet アダプタ MC704ZM/A

 

 

Apple Thunderbolt - ギガビットEthernetアダプタ MD463ZM/A

Apple Thunderbolt - ギガビットEthernetアダプタ MD463ZM/A

 

前者はどんなパソコンにも必ず付いているUSB 2.0(3.0ではない)で10/100BASE-T、後者はMacユーザ以外にはあまり馴染みのないThunderbolt 2(Mini Display Port)で1000BASE-Tまで対応していて、汎用性をとるなら前者、速度をとるなら後者となる。

MacBook AirはThunderbolt 2が1ポートなので外部ディスプレイをThunderbolt 2でつなげると使えなくなのでUSBの方が安心感はあるがスピードは遅い、MacBook ProはThunderbolt 2が2ポートあって外部ディスプレイに割り当ててもまだ空くのでそこをLANポートとして活用できるのでMacBook ProではThunderbolt 2を選ぶのが望ましい。

価格は3,000円程度でAppleにしては良心的な値付けかな、と。

サードパーティはUSB HUBを兼ねたものが多い

サードパーティはWindows PCでもSurfaceやVAIO ZなどのモバイルノートではLANポートがないモデルも増えていて、どちらでも使えるUSB 3.0(1000BASE-T)が採用されており、LANポートを設けることで犠牲となる1ポートを3ポートに倍返しする3ポートのUSB HUBも兼ねていて一石二鳥。

 

LogitecのLAN-GTJU3を購入

MacBook ProなのでThunderbolt 2の(外部ディスプレイを付けてあまった)1ポートには使い道がなかったのでApple純正のThunderbolt 2のアダプタ、USBのアダプタにするならサードパーティーでUSB 3.0でUSB HUBの機能があるものにしようと考えていた。

しかし、結果としては『USB 3.0でかつUSB HUBのないもの』を選んだ。その理由はこうだ。

ロジテック 有線LANアダプタ ギガビット対応 USB 3.0 LAN-GTJU3

ロジテック 有線LANアダプタ ギガビット対応 USB 3.0 LAN-GTJU3

 

Mac miniで使っていたUSB HUBがあった

Mac miniにはUSBポートが4ポートあるが、NASにデータを移す前だったので外付けHDD、カードリーダ&ライタ、トラックボールマウス(レシーバー)、Blu-rayドライブをつなぐとすべて埋まって足りなくなったので、USB 3.0が3ポート+USB 2.0が4ポート(計7ポート)で電源供給(バスパワー)不足を防ぐのにACアダプタが付属しているUSB HUBを使っていた。 

外部ディスプレイやLANポートが必要なのはLightroomを使うときだけ

しかし、これらの周辺機器と外部ディスプレイ、そして有線LANアダプタを使った有線接続が必要となるのは『Lightroomを使ったRAW現像』で時間とCPUパワーを掛けてパソコンデスクに腰を据えてする作業であるのに対し、ブログを書いたり、調べものをしたりする程度ならこれらの周辺機器はほとんど必要がないし、9時間の連続使用に耐えられるバッテリーを積んでいるのでACアダプタも必要ない。

唯一困りそうなのは、Time MachineでのNASへのバックアップで遅い無線を使うと処理自体はバックグラウンドでやるので影響はないが、ブラウジングやその他の無線デバイス(スマホやタブレット)のスピードも落ちてしまう。

そこで、無線接続中はバックアップを止めてしまうのが手っ取り早く、【無線接続中=パソコンデスクにいない=バッテリー使用中】となるので、Time Machineのバックアップ設定でバッテリー使用中のバックアップ実行をしないようにしておくことで、無線時は半ば強制的に大容量の通信を切ることができる。

これにより、パソコンデスクにいる時はUSB機器や外部ディスプレイをつなげてLightroomでRAW現像をするのに有線接続し、パソコンデスクから離れた場所では一切の周辺機器を外して無線接続とすることで問題はなくなる…はず。

USB HUBでまとめてパソコンにつなぐ

パソコンデスクから離れる度にUSBやThunderboltの抜き差しをいくつものポートに対してするのはとても面倒だし「あれ?MacBook Pro Late 2016を買うのと同じパターン(USB-C → USB 3.0)なのでは…?」となる。

そこで、Mac miniで使っていたUSB HUBに日常的に使用するLANアダプタも含めた周辺機器を接続しておくことで、USBとMini Display Portをそれぞれ1ポートずつの抜き差しで間に合うようした。

f:id:nekosogiradical:20170130221907j:plain

また、USBバスパワーで動作するタイプではBlu-rayドライブなど大きなパワーを必要とする機器を接続すると正常に動かなかったり、他の機器に影響を及ぼしたりするが、電源付きのUSB HUBであればその問題もなく、常時使用する周辺機器をそのまま使うことができる。

f:id:nekosogiradical:20170130221406j:plain

LogitecのLAN-GTJU3の特徴とドライバについて

LogitecのLAN-GTJU3を購入した明確な理由はないが、、

  1. Amazon.co.jpのレビューが200件超で★4
  2. USB 3.0対応(実行スループットで900Mbps弱)
  3. 小型軽量・本体重量約25g
  4. macOS・Chromebook対応
  5. LED付き

これで1,500円弱とお手頃だった。

ちなみに、最新(2017/1/31)のmacOS Sierra 10.12では挿しただけでは使用できず、公式サイトよりダウンロードしてインストールしなければならなかった。

ドライバ for Mac(10.6~10.12)|サポート|ロジテック

 

最後に

やっぱり、無線ルータも買い替えようかな…

 

 

takaclog.hatenablog.com

 

takaclog.hatenablog.com