読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

単焦点レンズ2本を持ってウェディングフォトにチャレンジした【2016.6.17〜20】

f:id:nekosogiradical:20160618150425j:plain

先週末に前回の記事で書いたとおり、Canon EOS Kiss X7に単焦点レンズ2本で結婚式に参加してきた。

takaclog.hatenablog.com

機材紹介

カメラ本体はキヤノンの撒き餌カメラ(?)ことCanon EOS Kiss X7。

レンズは1本目がキヤノンの撒き餌レンズ(STMはあまりおトク感がないが)ことCanon EF50mm F1.8 STM。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

 

2本目がシグマのAPS-C専用レンズ SIGMA30mm F1.4 DC HSM Art。 

以上2本の単焦点レンズを用意した。

そして、X7にはWi-Fi機能がないので東芝のWi-Fi機能付きSDカードFlashAirを使用。

予備バッテリーにサードパーティ製を用意。

ギリギリまでEOS 7D Mark IIを持って行こうか悩んだ。
ただ、50mmとのバランスの悪さが気になり…X7に決定。

 

1日目:羽田空港

(本題の結婚式の日までしばしの間お付き合いを…)

北陸新幹線が開通してからは新幹線でばかり帰省していたが、今回は前日入りするのに宿とのセットがおトクな飛行機を手配していたので羽田空港へ。

第1ターミナル展望台へ上がると正面のA滑走路から離陸していたが50mm/f1.8(APS-Cで換算80mm)では厳しい…

f:id:nekosogiradical:20160617132401j:plain

 

望遠レンズなしに展望台にいても退屈なので、早々に切り上げて出発まで空港ラウンジへ。
保安検査場の通過前にパステルで買った羽田空港限定「羽田ひこうきぷりん」をいただく。

f:id:nekosogiradical:20160617142023j:plain

 

この日は雲の隙間から青空が見えていたけど、出発ロビーで搭乗待ちをしているとアナウンスで“揺れる可能性が高いので、温かい飲み物は提供しない”とのこと。

f:id:nekosogiradical:20160617154126j:plain

 

JALの羽田⇔小松便はこのB767…ではなく、手前の小型機B737。

f:id:nekosogiradical:20160617153533j:plain

JALのB737-800はシートが本革で機内Wi-Fiも15分無料で使えるからまだマシかな…

 

1日目:金沢ひがし茶屋街

一気に時間は進み夜に。

金沢の観光名所の一つで定番の撮影スポット『ひがし茶屋街』。
長時間露光で人を消している…わけではなく、純粋に人がいない。

f:id:nekosogiradical:20160617214931j:plain

 

人はいないけど猫がいた。首輪がついてないから野良かな?

f:id:nekosogiradical:20160617201306j:plain

 

1日目:ホテル日航金沢

f:id:nekosogiradical:20160617215804j:plain

JALのダイナミックパッケージ(往復航空券+ホテル)では、最安のホテル(20,000円弱)に+約3,000円の差額で(北陸三県で一番背の高い)ホテル日航金沢に泊まれるプランがあり、「こんな機会でもなければ泊まることはないだろう」と思って、ホテル日航金沢に宿泊。

f:id:nekosogiradical:20160621232250p:plain

部屋は金沢駅側だった。

f:id:nekosogiradical:20160617221258j:plain

もう一つホテル日航金沢を選んだのは、式が14時からなのでチェックアウトが12時はありがたい。

 

2日目:結婚式

いよいよ本題!…だけど、顔出しの許可は取っていないのでポートレートの公開はナシ。

f:id:nekosogiradical:20160618125532j:plain

f:id:nekosogiradical:20160618140020j:plain

f:id:nekosogiradical:20160618150513j:plain

f:id:nekosogiradical:20160618162950j:plain

f:id:nekosogiradical:20160618151114j:plain

f:id:nekosogiradical:20160618165644j:plain

室内は予想通り明るさが十分ではなく露出開放のf1.8やf1.4で撮っていたのでよくボケて「カメラの腕が上がったんじゃないか?」と錯覚しそうになった。

ただ、料理を絞り開放で撮ると被写体深度が浅くてボケてほしくないラインでボケたり、絞るとISOがどんどん上がったり…カメラを向ける角度を変えればいい話だけど頻繁に立ったり座ったりはTPOが…

参考になるかはわからないけど、初めて本腰を入れてウェディングフォトを撮ってみて感じたこと。

  • AFポイントは中央を基本にして必要に応じて移動
  • 連写はあまり使わなかった(書き込みでバッファが足りなくなるから)
  • 静音撮影は常用
  • スマホにWi-Fi転送するので保存形式はRAW+JPEG
  • レンズは30mmよりも50mmの方がよく使った
  • 移動時はS(シャッタースピード優先)で1/150〜1/200
  • 移動がなければA(絞り優先)で絞り開放
  • ISO上限は3200

結果的には「単焦点レンズにしといて良かった」と思うが、唯一「失敗したな」と思うのが、カメラを預けて撮ってもらう時で「それ単焦点レンズでズームできないので、離れて撮ってください」と言わなければならず、換算50mmでも横に広がると結構離れないといけない。

 

3日目:タルトがウマい

f:id:nekosogiradical:20160619130021j:plain

ここのタルトがウマかった。以上。

tabelog.com

 

4日目:小松空港

小松空港展望台には小松⇔沖縄便のJTAがいた。
ウイングレットがないから737-400かな。
奥では小松基地から自衛隊のF-15などが頻繁に離着陸していた。

f:id:nekosogiradical:20160620142440j:plain

宮崎から小松へ移動してきた自衛隊機の初訓練の日だったとか。

この日も生憎の雲によって温かい飲み物の提供はなし。まぁ、この雲の量だと仕方ないかぁ…

f:id:nekosogiradical:20160620151111j:plain

 

帰りの便では左側の席が取れたので富士山の撮影にも成功。

f:id:nekosogiradical:20160620152452j:plain

 

最後に

結婚式では二次会も含めて計700枚超を撮影した(最終的に整理すると1/3以下になる予定)。
その内の1割ほどをFlash AirからiPhoneにWi-Fiで転送して、当日中にLINEのアルバムとGoogleフォトのURL共有で渡したら喜ばれたので良かった。

 

さて、今年ももうそろそろ半分が終わるが、まだ紫陽花を満足に撮っていない。梅雨の内に撮っておかないと。

そして、後半は7月中旬〜8月下旬まで毎週花火大会。今年くらいは全国的に有名な関東以外の花火大会へも足を運びたいけど、もう遅いかな…

もう一つのビックイベントはここ数年欠かさずに行っている海外旅行。
今年こそは本土上陸だな。