読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

結婚式に持って行くカメラとレンズについて考える

カメラ レンズ

f:id:nekosogiradical:20150112134759j:plain

今週末は地元での結婚式+披露宴+二次会にお呼ばれしているが(もちろん、カメラマンとしてではない)、「どのカメラ(ボディ)に、どのレンズを付けていくか?」についてがここ数日の悩み。

ゲストとしてでもポートレートが撮れる貴重な機会なので、今回は自分の頭のなかのモヤモヤを整理する記事です。

女の子がかわいく見えちゃう55の撮り方 (玄光社MOOK フォトテクニックデジタル別册)

女の子がかわいく見えちゃう55の撮り方 (玄光社MOOK フォトテクニックデジタル別册)

  • 作者: 松田忠雄,根本好伸,楽満直城,藤本和典,中場敏博,NAOKI
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2015/09/16
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

カメラ(ボディ)を選ぶ

今現在、持っているカメラはこの4つ。

  1. SONY α7
  2. Canon EOS 7D Mark II(7D2)
  3. Canon EOS Kiss X7
  4. SONY RX100M3

ウェディングフォトでは『高感度に強くて、連写性能の高いカメラが良い』と一般的に言われているので【α7】と【7D2】が有力候補だが、【α7】はシャッター音が大きくて撮るのを躊躇するシーンが出そうだし、【7D2】はゲストが持って行くには些か大きくて重たい気がしている。

残る選択肢の【X7】と【RX100M3】のうち、【RX100M3】はこれまで使ってきた感覚として暗い場所でAFが迷うことが多かったので難しいかなと。

消去法的に残った【X7】だが、APS-Cセンサーだけど軽量コンパクト、静音撮影モードがある、機能としても必要な条件は満たしている一方で、ボディ単体が3万円台のKissシリーズでいいのか、サイズ重視で選んで当日【7D2】にしなかったことを後悔しないかが気掛かりな部分である。  

takaclog.hatenablog.com 

 

レンズを選ぶ

カメラ(ボディ)を【X7】か【7D2】で決めかねているが、いずれにしてもキヤノンEFマウントなのでレンズ選びに。

※昨年自分が結婚式を挙げた際に撮っていただいた画像の一部を参考として使用してます

単焦点レンズ

少しでも明るさを稼いでシャッタースピードを上げ、被写体ブレや高感度ノイズを防げる単焦点レンズ。

f:id:nekosogiradical:20150419123928j:plain

プロの会場カメラマンとは経験値・スキル・機材・ポジショニングでは歯が立たなくても、単焦点レンズのボケ感を味方にすれば歯形くらいは残せる…かも!?

f:id:nekosogiradical:20150419102247j:plain

 

高倍率ズームレンズ(別名:便利ズームレンズ)

結婚式ではゲストの動ける範囲は限られているので、単焦点レンズでは画角が固定されてかつ足でも稼げないとなると構図が難しくなる(トリミングが必要な場合も)。

f:id:nekosogiradical:20150419133125j:plain

しかし、高倍率ズームレンズなら多少離れていても狙えるので、JPEG撮って出しのデータを即日で渡したりSNSでシェアできるメリット(式当日に渡してあげると喜ばれる)。

f:id:nekosogiradical:20150419132302j:plain

ただ、望遠側での明るさ(F値)はかなり暗くなるので、暗めの会場ではシャッタースピードへの配慮をシビアに(そして、ISO感度との戦い)。

 

超広角ズームレンズ

個人的には「望遠側は必要だとしても、広角側はいらないだろう」とハナから除外していた超広角レンズだが、改めていただいていた画像のexifを見返していると、超広角レンズで撮っていた方がいた。

f:id:nekosogiradical:20160614220011j:plain

超広角レンズの特性をうまく活かしていて、新郎新婦だけではなく参列している人も含めた一体感(?)があり、また被写体深度が深いので丸テーブルでも手前と奥の人のどちらにもピントが合っていた。

 

プロとは違うものを撮りたい!

プロとゲストでそれぞれが撮った画像をこの記事を書くのに見返していると、プロは展開を先読みして絶好のポジションから新郎新婦を中心に捉えて撮っているが、ゲストはやはり制約が多いのでプロと同じ土俵で勝負するのは難しい(そもそも、勝ち負けの話ではないけど)。

なので、ゲストだからこその一枚を撮ることに専念すべく、「プロの使わないタイプのレンズを使うのが手だ」と考えて、自分の式でプロが使っていたカメラとレンズを調べると、

  • Canon EOS 1D Mark IV+EF 24-70mm F2.8L USM
  • Canon EOS 5D Mark III+EF 16-35mm F2.8L II USM  …いい機材だ。

使っていたレンズは超広角と標準域のズームレンズなので、単焦点と高倍率ズームレンズあたりが良さそうだが、高倍率ズームレンズは足で稼げない分をズームでカバーしてプロ寄りになってしまう気がして、今のところ単焦点レンズが有力候補。

EFマウントで持っている単焦点レンズは Canon EF50mm F1.8 STM(撒き餌レンズ) と、 

takaclog.hatenablog.com

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

 

SIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM 。

takaclog.hatenablog.com

自席から新郎新婦を撮るなら50mm/f1.8、ゲストや料理を撮るなら30mm/f1.4かな(いあずれも、APS-Cなので×1.6)。どっちか1本なら後者。

f:id:nekosogiradical:20150215194031j:plain

f:id:nekosogiradical:20160611145700j:plain

ただ、X7で単焦点にするならパンケーキレンズもいいんだけどなぁ。 

Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM

Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM

 
Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応

 

 

最後に

ウェディングフォトではマストアイテムのスピードライトは、残念ながら自前で持ってはおらず、レンタルしてもすぐに使えるほど簡単なものでもないので、今回は明るいレンズにすべてを賭けようかなと。

ただ、それ以上に全力で祝福をしてあげないとね。

ポートレートライティングの超絶レシピ (玄光社MOOK)

ポートレートライティングの超絶レシピ (玄光社MOOK)

  • 作者: 上田晃司,HASEO,イルコ光の魔術師,才王,浅岡省一,門嶋淳矢,吉田裕之,長野博文,河野英喜,大村祐里子,i-dee,内野秀之
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2016/04/18
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る