takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

朝焼けを撮りに羽田空港へ行ってきた

f:id:nekosogiradical:20160111063040j:plain

今年の目標だった『日の出撮影』。

「日の出の時間はこれから日に日に早くなり、朝起きるのがどんどんツラくな…うわあああぁぁぁ」と思って、先週末(3連休3日目の成人の日)に『日の出』撮影のド定番スポットの一つ、羽田空港へ行ってきた。

gonyo.hatenablog.com

25時に寝て、5時に起きる

前夜に翌朝の日の出時刻を調べると【6時50分頃】だったので「小一時間前の6時羽田空港着だと…5時起きだな」とスマホのアラームをセットした時点で25時。

平日は6時間寝ても寝足りないのに、たった4時間で起きられるはずは…あった。不思議なもので趣味だと朝5時のアラームが鳴る5分前に目が開き、前日に用意しておいたカメラバックと三脚を持って予定通りの時間に家を出た。

上京して初めて5時台の電車に乗ったが、思っていたより人は乗っていた。都会だ。

持ち物

初めての『日の出撮影』なので何を持っていくか悩んだが、無難にEOS 7D Mark IIと標準レンズ、望遠レンズ、そしてManfrottoの三脚をセレクト。 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

 

 

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F4 L IS USM フルサイズ対応

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F4 L IS USM フルサイズ対応

 

 

Canon 望遠ズームレンズ EF70-300mm F4-5.6L IS USM フルサイズ対応

Canon 望遠ズームレンズ EF70-300mm F4-5.6L IS USM フルサイズ対応

 

 

三脚の耐荷重1.5kgに対して、カメラが1kgにレンズも1kgの計2kgと完全に重量オーバーだけどこれしかないので止むを得ない。

 

まずは、羽田空港 国際線ターミナルビルへ

羽田空港は国際線ターミナル、そして国内線第1、第2ターミナルの計3つのターミナルがある。

国際線ターミナルと国内線ターミナル(2つ)の違いの一つとして展望台デッキが開放されている時間が異なり、国際線ターミナルは24時間、国内線ターミナルは6時30分から22時までとなっている。展望デッキ | サービス施設 | 羽田空港ターミナル

朝6時過ぎには到着する予定だったので、まずは国際線ターミナルへ向かうことにした。

f:id:nekosogiradical:20160111061640j:plain

24mm F4 1/30 ISO320

羽田空港国際線ターミナルではイルミネーションかがお出迎え。人はポツポツといる感じ。

 

f:id:nekosogiradical:20160111061741j:plain

24mm F4 1/15 ISO1600

『江戸小路』は営業時間外からか人通りはない。

 

f:id:nekosogiradical:20160111062237j:plain

65mm F4 1/2 ISO400

展望デッキに出ると地平線がぼんやりと赤くなっているが、手元を照らすものがないと三脚を立てたりレンズ交換するのは危険かも。

 

f:id:nekosogiradical:20160111063313j:plain

70mm F8 2" ISO125 

デジタルカメラマガジン2014年6月号に掲載されていた、LightroomでHDRっぽくするプリセットを適用してみた。

デジタルカメラマガジン 2014年6月号[雑誌]

デジタルカメラマガジン 2014年6月号[雑誌]

 

 

f:id:nekosogiradical:20160111062627j:plain

236mm F5.6 1" ISO200

国内線ターミナルの後ろがいい具合になってきたが雲が厚い。

 

f:id:nekosogiradical:20160111065250j:plain

277mm F5.6 1/200 ISO1600

少しずつ明るくなる中でトーイングカーに引っ張られて駐機スポットに移動してくるシーン。早朝だとよく見かけた。

 

f:id:nekosogiradical:20160111064302j:plain

70mm F4 1/25 ISO100

今回唯一の縦構図は、駐機しているタイ航空機と朝焼け。 

 

f:id:nekosogiradical:20160111065451j:plain

26mm F4 1/50 ISO125

ANAのB787が丁度正面にあったのでシンメトリックな感じに。

取り上げる程でもないけど…

f:id:nekosogiradical:20160117220945p:plain

撮った時には気づいていなかったのだが、後ろでエアドゥが飛び立っていた。

 

羽田空港 国内線 第2ターミナルへ

f:id:nekosogiradical:20160111072307j:plain

陽が昇って周囲が明るくなってきたので国内線側に移るのに、第1と第2のどちらを先にするかで迷ったが、空港間のシャトルバスが【国際線→第2→第1】の順なのと、うまく行けば雲の切れ目にお天道様を拝める可能性もあって、まずは第2ターミナルへ向かった。

この日の朝は、出発がC滑走路(34R)とD滑走路(05)、到着がA滑走路(34L)。

 

f:id:nekosogiradical:20160111073726j:plain

214mm F5.6 1/320 ISO400

ゲートブリッジとのコラボは助走距離が短い小型機が狙い目?

 

f:id:nekosogiradical:20160111073731j:plain

269mm F5.6 1/400 ISO200

スカイツリーも小型機がいい具合に重なる。

 

f:id:nekosogiradical:20160111072740j:plain

70mm F6.3 1/125 ISO160

ANAとスター・ウオーズのコラボした特別塗装機が出発するタイミングに偶然遭遇。

 

f:id:nekosogiradical:20160111072803j:plain

120mm F6.3 1/200 ISO200

「おっ、これはもしかして34Rから飛ぶか…?」と思ったが…

 

f:id:nekosogiradical:20160111073240j:plain

300mm F5.6 1/500 ISO200

東京湾アクアラインの風の塔が写っている…と言うことは…

 

f:id:nekosogiradical:20160111073536j:plain

300mm F5.6 1/400 ISO250

D滑走路(05)から飛び立った。遠いなぁ…

 

f:id:nekosogiradical:20160111073555j:plain

300mm F5.6 1/400 ISO500

離陸直後の旋回は300mm×1.6でもかなりトリミングした。400mm、500mmがあれば…?

 

羽田空港 国内線 第1ターミナルへ

最後となる第1ターミナルから狙うは富士山だけど、この日は雲が多くてダメだった。

 

f:id:nekosogiradical:20160111075238j:plain

135mm F5.6 1/250 ISO320

早朝便は小型機のB737が多く、大型機のB777はほとんど見なかった。 

 

f:id:nekosogiradical:20160111085704j:plain

300mm F8 1/500 ISO500

意外と(?)ANAは中型機の787がよく降りてきていた。

 

f:id:nekosogiradical:20160111091342j:plain

300mm F6.3 1/500 ISO100

雲さえ出ていないければ、着陸してくる機体に朝日が照らされて…

 

f:id:nekosogiradical:20160111090054j:plain

300mm F8 1/400 ISO250 

これももう少し陽が…

 

最後に

「朝のラッシュが一段落するまで撮り続けようか」と思ったけど、この日は3連休最終日なので粘ると帰りの電車が混むことは容易に想像でき、朝焼けを一通り撮ってラッシュまでの待ち時間に朝食を取っていた時点でそこそこの枚数を撮っていた。帰ってからパソコンに取り込んで取捨選択、RAW現像の手間を考えると、これ以上長居してもあまりメリットがないと判断して撤退。

そして、今回の反省点。

前夜に翌朝の天気が【晴れ】なのは確認していたが、雲の動きまでは「この時期の太平洋側ならそんなに雲も出ないだろう」と見ていなかった。

そんなわけで、空港の『日の出』撮影は『朝焼け』までだったし、富士山を背景にして撮ることもできなかったので今回は『目標未達』かな。

f:id:nekosogiradical:20160111090426j:plain