takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

Nikon D500が発表!EOS 7D Mark IIと比較してみた

f:id:nekosogiradical:20160106215553j:plain

D500 - 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

Nikon D500が本日発表された。

Nikon | ニュース | 報道資料:デジタル一眼レフカメラ「ニコン D500」を発売

Nikonの一眼レフのナンバリングは、ファミリー・アマチュアのDxxxx(3300、5300など)、ハイアマチュアのDxxx(D810、D750、D300など)、プロ向けのDx(D4やDfなど)となっており、D500は2009年に発売されたD300Sの後継機に位置付けられるそうで、ニコンユーザには待望のAPS-Cハイエンドモデル。 

dc.watch.impress.co.jp

Nikon D500 と Canon EOS 7D Mark II

我が愛機であり、キヤノンのAPS-CフラグシップモデルのCanon EOS 7D Mark IIの対抗馬であることは一目瞭然。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

 

そこで、この2機種のスペックを比べてみたが、感想を先に言っておくと「とんでもないものをニコンは投入してきた」と。

CMOSイメージセンサー(撮像素子)

サイズはどちらもAPS-Cで画素数の差はほとんどない。

  • 7D2:APS-C 2020万画素
  • D500:APS-C 2080万画素

検出性能は、D500の方が中央は-1EV分暗くてもAFを合わせることができる。

  • 7D2:中央-3EV
  • D500:中央-4EV、その他-3EV

ISO感度は、常用の上限が約3倍で拡張だとα7SもビックリのISO 164万に。 

  • 7D2:常用でISO 100~16000、拡張でISO 25600相当
  • D500:常用でISO 100~51200、拡張でISO 1640000相当

個人的にはAPS-CだとISO上限は3200で、どうしても厳しい場合には6400にするので、常用ISO感度が16000でも51200でに購入するに至っては気にしないが、これだけ大きければ高感度耐性にも期待できそうだが果たして…

オートフォーカス

オートフォーカスの測距点では大きく差が開いた。

一眼レフとしては7D2に点数では倍以上、クロスでも約1.5倍の差が開いている。上下はあまり変わらないが、左右はかなり隅まで測距点がある。

ライブビュー時は、D500はコントラストなのに対して、7D2では位相差AFである。

連続撮影

どちらも約10コマ/秒の高速連続撮影が可能だが、違いはバッファの大きさでRAW撮影時はD500では約6倍。

  • 7D2:約31コマ
  • D500:200コマ

画像処理エンジン

  • 7D2:デュアル DIGIC 6
  • D500:EXPEED 5

画像処理エンジンはメーカーによってまったく異なるので、比較するのは難しいがD500には同時投入となったD5と同じ最新の画像処理エンジンを積んでいることから、そのパワーは言わずもがな。

液晶モニター

液晶モニターは大きく差が付いた。

  • 7D2:3.0型104万ドット、非タッチパネル+固定
  • D500:3.2型236万ドット、タッチパネル+チルト(3軸)

7D2はカメラのコンセプトから考えれば、ファインダーを覗いて撮るスタイルとなるので、タッチパネルもチルト稼動も必要ない。

しかし、D500はこれ一台で新幹線やスポーツの撮影から、風景・植物やポートレート撮影までカバーしようと考えていることから、大きく高精細かつ、タッチパネル&チルト稼動に対応されているのだろう。

動画撮影

ついに、一眼レフでも4K動画撮影に対応するモデルが出てきた。

  • 7D2:Full HD(1920×1080)59.94p
  • D500:Full HD(1920×1080)60p+4K UHD(3840×2160)30p

現時点では扱いづらいサイズではあるが、何年も使い続けるカメラだと次の買い替えまでには間違いなく4Kが当たり前の時代が来るだろう。

記録媒体

どちらもダブルスロットだが、D500のXQDカードはCFカードと比べて高価。

  • 7D2:CFカード+SD/SDHC/SDXCメモリーカード UHS-I規格対応
  • D500:XQDカード+SD/SDHC/SDXCメモリーカード UHS-II規格に対応

SD/SDHC/SDXCメモリーカードにおいてはD500はUHS-II規格(最大312MB/sでUHS-Iの3倍)に対応している。

無線機能

  • 7D2:GPS+電子コンパス
  • D500:Wi-Fi+Bluetooth+NFC

カメラ単体でスマホとの連携機能を求めるならD500、撮影した場所や方位を同時に記録したいなら7D2。

撮影可能枚数

バッテリーの持ちは圧倒的にD500の方がいい。

  • 7D2:670枚
  • D500:1,240枚

これ程までに違うとは。

大きさと質量

大きさ(幅×高さ×奥行)は、

  • 7D2:約148.6×112.4×78.2mm
  • D500:約147×115×81mm

質量は、

  • 7D2:約910g
  • D500:約860g

大きさも重さも1割未満の差となっているが、スペックを考えるとD500はかなりコンパクトにまとまった印象を受ける。

 

最後に

アップロードする前に画像を集めていたところ、カカクコムに先を越されていたことに気づいた。ただ、ここまで書いたのを消すのももったいないので気にせず投稿。

mag.kakaku.com

このブログより遥かに詳細に解説されているので、是非とも上記の記事をご覧頂きたい(このブログの記事の価値は…ゼロ?)。

7D2発売から1年以上遅れての登場となるにしても、これまでに圧倒的な性能で対抗馬を打ち出してくるとは思わなかった、むしろ、「ニコンからはAPS-Cでこのクラスは出ないのでは?」とさえ、囁かれていたとかいないとか。

もしも、去年でh無く今年ミラーレスから一眼レフに戻ろうとしていたら、キヤノンユーザーではなくニコンユーザーになっていたんじゃないかな…ただまぁ、市場予想価格が25万円前後で7D2とは10万円の差があるし。

 

でも正直、うらやましい。以上。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 ボディ

Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 ボディ