takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

SONY RX100M3で代々木公園を撮ってきた

これがRX100M3を買って初めての撮影、前回の料理フォトはこれの翌週。
何か撮りたくてウズウズして、被写体があるなら場所はどこでもよかった。
今回も基本的にはトリミングしてRAW⇒JPEG。

takaclog.hatenablog.com

 

代々木公園

渋谷で焼肉ランチをして「食べ過ぎたから表参道くらいまで歩くか〜」と思ったが、直線距離だとあっと言う間なので、少し寄り道をすべく代々木公園を経由して行った。

代々木Love&Hateパーク (双葉文庫)

代々木Love&Hateパーク (双葉文庫)

 

 

 

花壇の花に雨の滴がのっていい感じ

明け方から午前中にかけて雨が降っていて、花壇の花には雨の滴がのってより梅雨っぽい感じ。

f:id:nekosogiradical:20150627131340j:plain

1枚目が縦構図。

 

f:id:nekosogiradical:20150627133254j:plain

f:id:nekosogiradical:20150627133856j:plain

日の丸構図2連発。

 

f:id:nekosogiradical:20150627131644j:plain

「これでもか!」と言うくらいの雨粒。

 

f:id:nekosogiradical:20150627133640j:plain

雨が一番似合うであろう紫陽花は乾ききってた…なぜ?

 

f:id:nekosogiradical:20150627133407j:plain

f:id:nekosogiradical:20150627134002j:plain

背景ボケも試してみた。

一眼レフ程ではないが、単焦点レンズで背景がわからないまでぼかすより、このくらいが適正量のような気も(上がf/4、下がf/3.5)。

風景撮り

f:id:nekosogiradical:20150627132418j:plain

等倍表示でもしないとわからないけど、奥にある木葉の一枚一枚すらクッキリと写っている。

 

カメラのエフェクト機能で遊ぶ

α7にもあるPlayMemories Camera Appsは、カメラにアプリをインストールすることで様々な撮影が楽しめる。

その中でも、ピクチャーエフェクト+はInstagramのようなフィルタ効果を適用させられ、コンデジでありながらスマホ的な楽しみ方もできる。

f:id:nekosogiradical:20150627132521j:plain

ハイコントラストモノクロ。

 

f:id:nekosogiradical:20150627135416j:plain

トイカメラ。

 

f:id:nekosogiradical:20150627135449j:plain

多分、ソフトハイキー+の緑。

 

原宿橋(Harajuku Bridge)

代々木公園を出て目的地(と言っても、目的はないけど)の表参道に向かう途中で、原宿橋から原宿駅とその奥にあるドコモタワー、そしてJR線(山手線、湘南新宿ライン、埼京線他)の3つを狙ってみた。

AFはコンデジにしてはガンバっているが… 

f:id:nekosogiradical:20150627135953j:plain

目の前がJR原宿駅で品川・東京方面の電車は内回りで出発したばかりの山手線は低速走行中なので簡単。

f:id:nekosogiradical:20150627140441j:plain

原宿駅を通過する湘南新宿ラインはこの次の代々木駅も通過し新宿駅まで止まらないので、AFの合焦を待ってからシャッターを切っては追いつかないこともあったので、これは置きピンかなぁ…ロックオンAFでいけるか…

 

最後に

RX100M3は8万円近い買い物ではあったが、高級コンデジの中でもコンパクトの部類で、1型裏面照射型ExmorR CMOSセンサー、新世代画像処理エンジンBIONZ X、ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズとSONYのカメラ技術をふんだんに詰め込んだものとなっている。

フルサイズのα7と比べるのは酷だけど、マイクロフォーサーズやAPS-C相手であればいい勝負をしそう。

特にSONYのカメラ特有とも言えるコントラストが高めでありながらも、下品ではない感じが結構好み。

これまではミラーレスとスマホの間を埋めるものがなく、渋々スマホで撮っていたけれどRX100M3を手に入れて、スマホで撮る頻度が下がるのは喜ばしい。スマホもXperia Z3だからそこまで悪い機種じゃないんだけどなぁ…