読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

Canon EOS 7D Mark IIが欲しい

カメラ 物欲

そろそろマウントをまとめようかなと…(建前)

センサーのソニー、カメラのキヤノン

静態に強いα7

α7はとてもよくできたカメラだと思う。

SONY ミラーレス一眼 α7 ボディ ILCE-7/B

SONY ミラーレス一眼 α7 ボディ ILCE-7/B

 

CMOSセンサートップシェアのソニーが作っているだけに、センサーのポテンシャルが高く、存分に能力を引き出してる(自社製品なので当然?)。また、テレビメーカーでもあることから見せ方に関しても、そのノウハウがよく生かされている(ここは賛否両論、好き嫌いが分かれるが)。

その為、静態(風景、植物など)を撮影することにおいてはα7でとても満足している。

動態に弱いα7

ただ、被写体が動態となるとそこはカメラメーカーのキヤノンニコンが強い。

ミラーレスのAFは出始めの頃と比べれば遥かに早くなったとは言え、未だ一眼レフに優位性がある。α7のAFも決して遅くは無いが同じ価格帯であればキヤノンニコンの一眼レフが優位だ。

また、連写でもα7は約2.5コマ/秒なのに対して、EOS 70DやD7200では6〜7コマ/秒と倍以上の差があり、そもそも動態撮影ではファインダーの違い(OVFとEVF)も無視できない。

基本的に静態撮影が多いものの、鉄道も飛行機も好きで今後は撮影の幅を広げる為にも高速AF&高速連写の機種が欲しい

α77の立ち位置が微妙に

手持ちで動態撮影に適しているのがα77だけど、購入して1年以上経つが最近はほとんど使っていない。 

SONY ミラーレス一眼 α77 ボディ SLT-A77V

SONY ミラーレス一眼 α77 ボディ SLT-A77V

 

良くも悪くもトランスルーセントミラー

α77にはミラーが入っていないから一眼レフではない―」は耳タコだが、このトランスルーセントミラー(以下、TLM)はやはり良くも悪くもだった。

www.sony.jp

Good!!

ミラーが動かないので常にセンサーが被写体を捉え(フルタイムコンティニュアスAF、追尾フォーカス)、AFは11点クロス19点AFセンサー、12コマ/秒の連写性能とミドル機にも関わらずハイエンド並みのスペックを兼ね備えていた。

Bad...

TLMが限りなく透明に近いと言っても当然ゼロではなく、一説では1/3EV程度の減光があるらしいが、これについてはAFや連写とトレード・オフで許容できる範囲かと。

個人的に気になっていたのは、少し絞って空を撮るとポツポツと黒い影が写っていたのでブロワーでセンサーを何度か吹いても掃除する。すると、しばらくは黒い影はなくなるが、またしばらくすると復活している。経緯は未だに不明だが、結構な頻度でセンサーにホコリが付着している。多少のホコリであればRAW現像時にLightroomで除去するのは容易いが、空が写っている度に目を凝らし確認するのはしんどい。

あとは、高感度にとにかく弱い。
ISO400が限界かな…ISO800以降は覚悟して使う感じ。

Aマウントの存在が中途半端になった

α7のEマウントとα77のAマウントはマウントアダプターの使用で、Aマウント→EマウントとしてAマウントのレンズをEマウントで使えるが、Aマウント(α77)はボディ内手ブレ補正、Eマウント(α7)はレンズ内手ブレ補正によりAマウントのレンズをEマウントのボディで使う場合は手ブレ補正が無くなってしまう(α7 IIではボディ内手ブレ補正が採用されている)。

SONY マウントアダプター LA-EA4

SONY マウントアダプター LA-EA4

 

そもそもAマウントのフルサイズ対応レンズはあまり豊富ではなく、新たに集めるのも別マウントに手を出すのもあまり変わらないのが現状であった。

キヤノンのEFマウント対応レンズを増やしている

そんな中、今年に入ってキヤノンのEFマウントのレンズを増やしている。

takaclog.hatenablog.com

お遊び用に買ったCanon EOS Kiss X7(以下、X7)が予想外にも使い勝手が良く、特にα7やα77のEVF機では電源を入れたままではモリモリ電池を食っていたのが、OVF機で意識せず一日中電源を入れたまま構えて直ぐ撮れるスタイルの良さを改めて実感している為、キヤノンのEFマウント対応レンズが増えている。 

EOS Kiss X7の不満

EFマウントを集めるきっかけとなった、X7はコスパがよく、世界最小・最軽量の一眼レフでこれまた静態の撮影には困らないのだが、AFが9点、クロスは中央1点、連続撮影4コマ/秒となって動態撮影には少し厳しい。ただ、キヤノンのEFマウント自体はこれからも数を増やしていくつもりなので、ボディを追加してもレンズの資産は活用できる。

APS-Cでいい

α7を使ってフルサイズのよさを知った反面、フルサイズ対応レンズのコストの高さも知った。レンズが発展途上のFEマウントと充実しているEFマウントを比べるのもおかしな話しかもしれないが、少なくともAPS-Cよりフルサイズはコストが掛かる。

また動態の撮影となれば望遠域が間違いなく必要となり、できるだけ低コストで望遠端を伸ばせば換算で1.6倍とある意味エクステンダー代わりになるAPS-Cが有利。高感度を考えればフルサイズだけど、動態のシーンでの暗所はあまりないかなと。

また、静態を撮るα7には全く不満が無いので、Eマウントを見放す予定も当分はないかなと。

EOS 7D Mark IIが欲しい

ようやくここで本題。

キヤノン機でセンサーサイズがAPS-C、そして動態撮影なら EOS 7D Mark II 一択だ。


EOS 7D Mark II 特長紹介 【キヤノン公式】 - YouTube


EOS 7D初代は今でも十分通用するスペックだが記憶媒体CFカードのみ…
EOS 60DはSDカードだけどスペック的に…
EOS 70Dはオールマイティーでとてもよくできているが7D Mark IIと並べると動態撮影は後者…

7D Mark IIはバリアングル液晶でなかったり、Wi-F転送に対応してなかったりして不満がないこともないけど、後者はデュアルスロットでCFカードとSDカードが併用できるから、CFカードにRAW、SDカードにjpgとしてFlash Airを使えば対応できるかなと。

価格的には、70Dが11万円前後、7D Mark IIが17万円前後と6万円の差だが、今回の目的を達成するのにこの6万円は惜しくない、惜しみたくないと言うのが本音。

そして、7D Mark IIを買えば間違いなくα77はお払い箱となるので、これを下取りに出せばレンズが標準も含めて3本あるので70Dと7D Mark IIの差額は埋められるはず(気持ち的には10万は超えて欲しいが)。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

 

レンズは…

EFマウントのレンズを増やしているとは言え、7D Mark IIに見合うだけのレンズを持っていない。なので、EF24-70L IS USMのキットにしようかとも思ってるが、これはフルサイズ用レンズなので換算すると38.4~112mmと広角側が足りなくなってしまう。

動態撮影用なので問題無いといえば無いが、ボディのみと同レンズキットでは差額が12万円くらいある。この12万円があれば、70-300mmの白レンズも射程内に入るからなぁ~でも、赤ラインの入ったLレンズも一つの憧れだし…

 

ただ、縦位置グリップもレンズ3万円キャッシュバックも終わった今買うのもなぁ…

でも、キヤノンMJが公開しているこれらの公演を見ていると欲しくなる。
鉄道、飛行機…撮りたいものばっかり。

 

「EOS 7D Mark II それは、鉄道写真を撮るために生まれてきた」長根広和 ...

 


「EOS 7D Mark II で撮るヒコーキ写真の世界(前半)」CP+2015 写真家 ルーク・オザ ...