読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

SONY XPERIA P LT22iレポート 【購入編】

SONY XPERIA

SONY XPERIA P LT22i
http://www.sonymobile.com/global-en/products/phones/xperia-p/

携帯を頻繁に買い替えはするものの、情報がリークされ発表・発売までは時間があるので衝動買いはしないのだが、今回ばかりはどうしても欲しくなってしまいポチってしまった。
決め手となったのは、コストパフォーマンスとデザイン性の高さだった。
日本の大手ニュースサイトでは報道こそされたものの国内キャリアからの販売は無かった。

スペックが〜とか、このデザインは〜とか、外装の質感が〜って話はまたにして、今回は個人輸入で買って配送されるまでの話。


本機は国内キャリアから売られていない以上、近場の家電量販店では入手できないので、考えられるのが下記の方法。

  • 秋葉原などにあるSIMフリー端末を販売しているショップで買う
    • ⇒SIMフリー端末の輸入専門ショップでもない限りは、海外のショップで購入(または輸入)したものを売る為在庫リスクや人件費も含まれるのであまり安くはないが対面で売買ができる
  • 楽天やアマゾンなどのオンラインショップで買う
    • ⇒上記のショップとほとんど変わらないが、インターネットで注文できる
  • 発売している国へ旅行する(買ってきてもらう)
    • ⇒端末価格だけで見れば最安になり得るが、よっぽどの偶然がない限りは欲しい時に旅行する人は見つからない
  • 個人輸入する
    • ⇒言葉や通貨の違いはあるが価格は上記3つと比べると安い傾向にある。また、日本人向けに窓口(Webサイトや日本語サポート人員)を持っていて、PayPalで円建てで決済できる店舗も

今回利用したのがイギリスのEXPANSYShttp://www.expansys.jp/)社でサイトの会社説明によるとロンドン株式市場に上場しており、日本向けは香港で対応しているそうだ。
日本語ページ、03-から始まる電話サポート、日本語メール、決済手段にPayPal個人輸入とは言え、ほぼ日本語で購入の手続きが完了する。
これが全て英語であれば躊躇もあったが、完全日本語対応では支払いまでノンストップだった。

本体価格は26,342円で送料が1,950円の計28,292円がPayPalを使ってEXPANSYS社に支払い、後日別途消費税や配送業者手数料等の徴収があるので、総額で30,000円前後になる見通し。
日本のキャリアから買うとなると端末代金60,000〜70,000円がザラなのに(毎月の端末サポート割引はあっても2年同じ端末は個人的にはないので…)その半分くらいで済んだことになる。
但し、不具合や故障した場合、キャリア側でサポートは受けられない上、日本国内(例えば、銀座のソニープラザなど)でも恐らく対応はしてもらえないので注意が必要。

さて、海外からの発送なので、些か手元(神奈川県川崎市)に届くまでに時間が掛かったのかと言えば、実はかなり早かった。
FedEx社の荷物追跡サービスを見ると、注文と支払いを深夜のうちに済ませたら、翌昼には商品がお店から配送業者(今回はFedExだった)に渡っていた(香港のYUEN LONG)。
香港から一度、広州(GUANGZHOU)の空港(恐らく、広州白雲国際空港)に行き空路を使って成田空港に到着したのが翌日の午前8時。
都内に来ればあとは早いもので、午後2時半には既に不在通知が入っていた。
つまり、夜中に注文すれば翌朝には店舗から配送業者へ商品を渡す手続きが行われ、翌日には日本に到着してセンターを経し、当日中に配送される。
国内ですら配送が翌々日になるなんてことはザラなのに、海外からなのにこの(FedEx社やお店の)スピード感は正直驚きだった。