読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

いま話題のジェイアイエヌのJINS PCを買った

投資家も注目のジェイアイエヌ
毎朝出勤時に聴いているPodcastの投資番組「今日の株式 明日の株式」(ストックボイス社)でも時々取り上げられている (3046)株式会社ジェイアイエヌ 。
昨日、東証の適時開示情報閲覧サービス(TDnet)に「平成24 年8月期 業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせ」を載せていて、JINS PCの売れ行きが絶好調、株価もこの1年でほぼ3倍。

JINS PCって?
同社ホームページ(www.jins-jp.com/jins-pc/)を参照してもらうのが一番だが、簡単に言えば白色LEDから発せられているブルーライトをカットする機能のあるジェイアイエヌ社のメガネである。

ブルーライトって?
昨今、薄さを売りにしている液晶テレビ有機ELは別)やスマートフォンには大概バックライトに白色LEDが使われており、これから発せられる光の青色波長が人間の体に良くないと言う研究結果が出ている。
人間が見える光(可視光線)は赤→黄→青→紫の順に波長が短くなっていき(紫が一番短い)、波長が短くなるほどエネルギーが大きくなるため、目から取り込まれた光が目の中で散乱して網膜まで到達し目の疲れやドライアイ、肩こり等に繋がる。

ブルーライトの対策は?
白色LEDの登場で世のディスプレイは薄く、省電力で綺麗な色合いを表現できるようになった反面、ブルーライトと言うデメリットはあまり語られて来なかった。
また、メーカもブルーライトを防ぐような仕組みを付けた製品はほとんど出していなかったが、ソフトバンクモバイルブルーライトを防ぐフィルムの販売を同社オンラインショップにて行なっており、iPhone4/4S用や同社の端末向けに販売している。
www.softbankselection.jp/onlineshop/product/detail/004903.html
今後はテレビメーカーやディスプレイメーカーもブルーライトを低減するフィルムを貼った商品を出してくるかもしれないが、現在市場に出回っている殆どの製品は対応されていない。
そこで、一個人としてこのブルーライトから目を守る手としてあるのがブルーライトを遮断するメガネである。

ブルーライトは眼球疲労大?
ここからは、なぜJINS PCを買ったかという話である。
家のパソコンだと1日中見ていても目が疲れることは全くなかったが、会社のパソコンだとやたら疲れて、薬局で売っている一番高い目薬のロートV11を使っていたがあまり改善しなかった。
何が違うのか考えると、ディスプレイが家ではナナオFlexScan S2411WでこれはLEDが出る前の主流であった冷陰極管をバックライトに採用していて、会社のパソコンはここ1年以内のモデルでディスプレイの感じからも明らかに白色LEDを採用していた。
つまり、ブルーライトが原因の可能性があるということだ(もちろん、違うかもしれないが)。

透明な(クリア)レンズは場所を選ばない
JINS PCのページに書かれているブルーライトをカットする方法は、1つはブルーライトをレンズで吸収してしまう方法、もう一つはレンズで反射してしまう方法である。
前者だとレンズが薄茶色っぽく(ライトブラウン)なってしまい、日常的に掛けるには少し気になるがカット率は高い、反面後者はほぼクリアレンズなのでシーンを選ばずに掛けることが出来るため、クリアレンズを選んだ。

度は必要だが少し弱めに
私は現在、視力が片目0.2〜0.3くらいなので、パソコンのディスプレイを裸眼で使えるほぼ限界の視力であり、腕を真っすぐ伸ばしてキーボードを使おうすれば、文字は霞んで見えなくなってしまうレベルだ。
その為、一日一回は仕事や私生活で掛けることがあるので、度なしだと2つ持ち歩く必要が生じ、それは面倒だ。
今持っているメガネは少し度が強い(片目1.0)ので、せっかく度を入れてパソコン用となれば少し弱くして作ってもらう事にした(片目0.9)。

越谷レイクタウン店で買いました
欲しい欲しいと思いつつも台湾に行ったり、準備をしたりでなかなか時間が取れず、たまたま先週末に行った越谷レイクタウンに店舗を構えており、わざわざ神奈川から埼玉まで行って何も買わずに帰るのもあれなので購入することに。
買い方はほぼ他のメガネ屋と変わらず、フレームを選んで店員さんに購入意思を伝えて度付きが必要であれば、視力検査などをする。
ただ、越谷レイクタウン店が特殊なのかもしれないが、度付きのJINS PCは受け取りに2週間ほど掛かると言われたが仕方ないと思い、料金を支払った後に「それでは2週間後を目処に”いらして下さい”」と。
最寄り駅の武蔵小杉駅から越谷レイクタウン駅までは片道1時間半で600円以上掛かるので、宅急便で送ってもらうことにした。

思ったより早く到着
2週間と言われていたものの、週末に買って今日届いたのでほぼ5日間で手元に来た。
売れに売れている時期にこの短期間での納品は嬉しい。

▼箱はごく普通の段ボールにJINSのロゴ

▼段ボール開封

▼御礼状

JINSのロゴ

▼裏は!

▼ケースはプチプチシートに(ケースは料金支払い前に予め選択)

▼メガネの他にメガネ拭きと購入控え兼取扱説明書


ブルーライトを反射
ブルーライトを反射すると言うのは、角度によってはレンズが青く見える。

▼左目が青く反射

ブルーライトをカットすれば当然真っ白な光も少し黄色っぽくなるが、目には優しい。

▼レンズ越しには少し黄色く見える


詳細レビューはこれから
この記事を書いている時はバックライトがLEDのMacBook
JINS PC越しに見るといくらか目に優しい感じがする(メガネを外すと画面の光がキツい)。
今は特にプラシーボ効果が効いてるかもしれないので、本当に良いかどうかはこれからしばらく使ってみてからとなる。

ちなみに、料金はフレーム5990円に度付きレンズは+3990円で9980円。
一番安フレームを選んで度付きであれば7980円、度なしなら3990円。