読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

【台湾旅行記】No.2 旅行プランは?

第二回目は「旅行プランは?」の話し


お得な旅行って?
旅行する上で一番重要視しているのが、いかにお得な(コスパの良い)旅行ができるか。
高くていい旅ができるのは当たり前だけど、「えっ?その値段でこのクオリティ?」と思える旅ほど楽しいものはない。
余分なサービス(コスト)をカットして費用対効果を上げることで、現地で美味しいものを食べたり、カメラを新調したり、次の旅行に回せられる。
しかし、ただ安ければいいわけではなく、旅をする上で必須な条件を明確化して、そこはケチらない気持ちも必要である。
その為に、毎回旅行の計画を立てる時には「どうしても譲れない条件」(必須条件)と「価格に大きく影響するならここまでのラインなら譲っても良い条件」の二つに頭の中で分類している。
これにより、必須条件を満たした最安料金から、できるだけ任意条件を含めて価格が上がらないものを選ぶ事が結果としてお得な旅行に繋がると考えている。

必須条件と任意条件
≪必須条件≫
○旅行代理店から航空券+ホテル付のプラン
 航空券とホテルを別に手配をする方法もあるが、これは安くないことが多々ある(LCCを選べば大概は安くなるが)。
 また、今回は初の自力での海外旅行なので自己手配は少し心細かったので、代理店を通したプランにする。

○3泊4日
 台湾であれば成田からでも片道3〜4時間で着くので、2泊3日でも楽しむことはできるが、せっかく休みを取って海外に行くので4日は欲しい。
 また、台湾であれば1泊増やしても旅行代金(ホテル代)へのインパクトは小さく、後述するオプショナルツアーとの関係もあり3泊4日で設定。

○出国(往路)は午前中、帰国(帰路)は夕方
 午前中に出れば現地にお昼過ぎには着くので、夕方以降を観光に回す事ができ、戻りも夕方であれば滞在時間を少しでも多く取れる。
 時間が多くある学生であれば1日増やせば問題ないが、社会人で時間限られているので、できるだけ密度の濃い一日を過ごしたい。

≪任意条件≫
○空港は羽田が望ましいが、旅行代金が1人1万円以上高くなるなら成田
 家が川崎なので羽田空港の方が近く、台湾便は台北市内の松山機場と結んでいるので大幅に移動時間を縮められる。
 半面、成田であれば自宅から空港まで約2時間、桃園国際機場から台北市内まで約1時間掛かる。
 ただ、最寄りの武蔵小杉駅から成田空港までは成田エクスプレスで直通で行けるので、往復の成田エクスプレス料金(3,280円×2)でお釣りが出るなら多少朝早く起き、夜寝るのが遅くなる程度で済むので妥協可。

○航空会社は国内(全日空日本航空)が望ましいが、エバー航空でも。チャイナエアラインは・・・
 ANAJALは希望の発着時間は良い値段になるのは必至なので、今回は台湾の航空会社に。
 台湾の航空会社で日本との定期便があるのは、長榮航空(エバー航空)と中華航空チャイナエアライン)の2社。
 どちらも価格的には差がほとんどないが、エバー航空はこれまでに大きな事故を起こしたことが無い優良航空会社なので、できればエバー航空を選びたい。

○ホテルは一流が望ましいが、台北市内でエコノミークラス以上でも
 世界展開していて名の知れた有名ホテルでも、台湾であれば比較的リーズナブルな価格で宿泊できる。
 しかし、旅行プランをできるだけギッチリ詰める想定でいたので、日本語の対応ができて、そこそこ新しければ問題ない。
 また、ルームサービスの利用も想定せず、お風呂セットやスリッパは日本から持込、飲み物は近くこのコンビニで調達するつもりでもいたので、あまり高いホテルじゃなくても良い。

○オプショナルツアー(現地格安ツアー)は有名どころを一日で回りきるものが選択できれば
 旅行で一番苦手なのはツアーで 「もっと居たいのに居られない、もう次に行きたいのに行けない」のが何よりの苦痛。
 旅行はガイドブックを買って自分で計画を立て、切符を手配して動きたい派なので、国内ではツアーに参加した事は無い。
 ただ、初めて行く海外の土地だと土地勘が無く、そもそも公共交通機関では行く術が無い所もある。
 その為、台湾名所を色々回ってくれるツアーを1日取り、それとは別に自由行動の日を設けられるものが良い。

一番希望の条件に近くて安かった日本旅行
旅行代理店や航空会社のパックを色々見たが、サーチャージ込みで上記条件を考慮したプランで一番安かったのが、日本旅行だった。
2012年7月5日(木)〜8日(日)、3泊4日、大人2人、ホテルは台北市内のエコノミークラス(朝食付)、エバー航空、成田空港から午前出発して帰りは夜到着、台北市内観光ツアー無料。
この設定で36,900円/人(73,800円/2人)と、以前検討した九州旅行よりも遥かに安くなった。
※旅行時期や申込時期によって一番お得なところは変わってくるので、必ずしも日本旅行が安いわけではないので、色々な代理店を比較して頂きたい

そんなこんなで、今回の旅行プラン(枠組み)が決定した。