読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

FUJITSU PRIMERGY Server MX130 S2【開封からインストールまで】

一昨日の夜にポチった、富士通製プライマジーサーバ(FUJITSU PRIMERGY Server)MX130-S2が早くも今日届いたので、とりあえず開封してメモリ(4GB)とハードディスク(2TB)を増設してWindows Home Server 2011(WHS2011)のインストールまで終えた。

梱包用のダンボールにそのまま送り状を貼って送られてきた。

開封・取出。フロント。

リア。USBが6ポート、PS/2キーボード・マウス、DVI端子、シリアルポート、LANポートのシンプル構成。サウンドは無し。まぁ、サーバには不要か。

日本製造(Made In Japan)になってるけど、組立だけかな。
製造年月が2012年3月だから出来立てほやほや。

フロントファンて前にあるログマーク等々。

マザーボード。自作用と違ってゴチャゴチャしてなくていい。

ハードディスク。シーゲートの汎用的な製品。7200rpmで320GB。タイ製。

メモリ。上が標準で付いてきたSamsungのDDR3メモリ2GB(ECC付)。
これに前のサーバからElixerのDDR3メモリ4GBを増設。

マザーボードFUJITSUのロゴがプリントされてた。

BIOS起動画面。インストールが終わったから今後リモート接続なので、当分拝むことがない画面。

ドライブを正常に認識。

WHS2011インストール中。


今日は遅いのでここまで。
サーバだけど、今晩はシャットダウン。

静音設計って書いてあったけど、確かに静かだった。
これなら、今までのように冷蔵庫の横に置かなくても、空気清浄機+加湿器の音に掻き消されて部屋に置いても気にならないかも。
CPUもシングルコアだけど2.8GHzあるから、そんなに遅いって感じはない。
ただ、明日以降地デジチューナを入れて録画出来れば文句なしだが…