takac.log

今日は何を撮りに行こうかな?

ts抜き【環境構築編】

まず、断っておきたいのは「これは違法ではない」と言う事を。

ts抜きとは、デジタル放送(地デジ、BS/CS等)の、
(1)MULTI2で暗号化
(2)MULTI2で復号化
(3)HDD保存時にはCCIを組込
で(3)を無視する事で、データの複製を可能にする(ただのMPEGデータとして保存する)事。

デジタル放送はアナログ放送に比べて、画質が鮮明な反面、複製(コピー)には非常に厳しい。
家電量販店等で売られているBlu-rayレコーダやHDDレコーダ、PC用地デジチューナの多くはコピー回数制限や、スマホへの転送に制限を課している。
デジタル故に制限を掛けられるが、デジタル故に突破されるイタチごっこ。

「コピーガードを外すのは著作権法で違法ではないの?」と思われるかもしれないが、著作権法では私的利用を目的とした複製は認めている。
ただ、私的利用目的でもコピーガードの除去は認めていないが、これはコピーガードを除去しているのではなく、コピーガードの処理を無視(上記(3)の処理)しているので、現状では違法でない(限りなくグレーかもしれないが)。

言うまでもないが、この方法で録画したデータをネット上にアップする行為は完全に違法である。


さて、買ったのは恵安(KEIAN)の「TVK-FSUSB2」なるts抜きの中ではポピュラーなUSB式地デジチューナ。
何と言っても、この安さが魅力的。

KEIAN KEIAN USBフルセグ&ワンセグチューナー KTV-FSUSB2

KEIAN KEIAN USBフルセグ&ワンセグチューナー KTV-FSUSB2

開封して初期不良がないか、メーカーの指示通りの方法でドライバとソフトウェアのインストールを行う。
正常に視聴できることを確認して、PCから取り外し(USBケーブルから抜く)、インストールしたものをすべてアンインストール。

四方のネジを外して基板を取り出す。(当然この時点で、メーカのサポートは受けられません)

とあるチップの足を切る。
比較においてある横の1円に対してこの小ささなので、周りの足を間違えて切らないように慎重にカッターの先で四苦八苦しながら切断。

ここまでくれば、後はネット上に色々と解説しているサイトの通りやればできる。
順序は、.NET Framework 3.5やMicrosoft Visual C++が入ってることを確認し、ファームウェアを書き換えて、有志によって開発された視聴ソフト・録画ソフトの設定をすれば、物の2〜3時間くらいでそこそこ使い物になるレベルの設定は完了した。


四苦八苦してはいたものの、実は環境構築が目的であまりどう使うかは決めていない。
今まで録画はPS3torneでやっていて、これの完成度が高すぎて、直ぐ見て消すような番組はtorneの方が勝手が良い。
ただ、持ち出しはPSPVITA等のソニー製品、ディスク書き出しは対応していないから、微妙な映画や再放送の昼ドラなんかは見ずに溜まっているので、そう言う微妙なやつをこれで録ろうかな。
最近、Blu-rayドライブを某PCショップの一周年記念でお安く(5,500円くらいでソフト付)手に入れて、それの使い道にも悩んでたところだから丁度いいかも。

デスクトップだと基本スリープだから、スリープからの復帰でコケて録画失敗するなら、24時間365日稼働のサーバで録画できれば良いけど、スペック的に厳しそうだなぁ・・・
あと、スマホ用にエンコードするバッチも作らないといけないかな。

次回に続く?